about ヨウコランス

ヨウコランス (Yoko Lance, ランス陽子)

フリーランス ライタ-&写真家、研究者

オーストラリアのクイーンズランド州、ゴールドコースト在住のライター&写真家。現在は豪州国内で2番目に古いアート・スクール、グリフィス大学の芸術学部(QCA=クイーンズランド・カレッジ・オブ・アート)博士課程にてドクター・オブ・ビジュアル・アート候補者としてドキュメンタリー写真と社会学をあわせたソーシャル・ドキュメンタリーの研究中。専門は死の拒絶。オーストラリアの日本語紙「日豪プレス」にてライターとしても毎月執筆。写真、文章、構成などすべてを一人でこなすインタビュー記事が得意。

母親のオーストラリア移住にともない1990年頃から頻繁に渡豪しはじめ、2001年よりゴールドコーストに永住。東京都多摩市出身。桐朋女子中学校・桐朋女子高等学校卒業、フェリス女学院大学文学部国文学科中退後、ライターに。オーストラリア移住後英語圏での日本語ライターとして仕事に限界を感じ、写真家に転向するためグリフィス大学人文学部コミュニケーション学科メディア論専攻および報道写真専攻へ入学、卒業。ゴールドコースト・ブレティン紙にてインターンを経験。グリフィス大学芸術学部デジタル・メディア学科研究課程にてフォトジャーナリズムを研究(Honours in ePhotojournalism)し、グリフィス大学QCAゴールドコーストを主席で卒業。2013年に作成した、葬儀に携わる人々を追いかけた写真ドキュメンタリーと論文「For Grief」は、QCAゴールドコーストで最も優れた研究として「Excellence in Research – Honours」を受賞。そのほか、受賞歴、写真展への選出多数。

現在、日豪プレスでの活動を続けながら、APA(オーストラリア・ポストグラジュエート・アワード)の奨学金を授与され、グリフィス大学の博士過程にてドキュメンタリー写真を中心とした研究に従事。オーストラリア人の夫と3人の娘を持つ。

 

写真の購入申し込み(JPEGサイズ各種、又はプリント)、原稿依頼及び撮影依頼は、お問い合わせページからお願い致します。

 

お問い合わせ

過去の掲載誌一覧

Feature story

project